毛穴のでこぼこは大半がニキビ痕によるものですが、真皮層にまで深く陥没した毛穴のでこぼこは、残念ながら自分でケアするだけではなかなか改善することは難しいのです。

真皮層にまで深く陥没してしまったいわゆるクレーター毛穴の場合は、皮膚科を受診されることをおすすめします。

そこで、皮膚科ではどんな処置がなされるのかを解説しましょう。

ピーリング

ピーリングとはフルーツなどの天然由来の酸を使って毛穴の周囲に積み重なった古い角質を落として、お肌の表面のでこぼこを少しづつ改善していくものです。

古い角質を落とすことで、肌本来のターンオーバーリズムが整ってくるメリットもあります。

ターンオーバーがスムーズになってくると、時間とともに肌の再生が進むため、毛穴のでこぼこも目立たなくなります。

ピーリング剤は比較的お肌に刺激を感じることも多いため、医師の診断により、お肌のコンディションに合ったものが選択されます。

イオン導入

電気のプラスとマイナスが反発しあう特性を利用して、本来お肌に浸透しにくい美容成分をお肌の奥へと浸透させます。

ピーリングで古い角質を落とした後にビタミンCなどの美容成分をお肌の奥へと浸透させることで、ターンオーバーの促進につなげます。

レーザー照射

真皮層にまででこぼこが深くくぼんでいる状態に効果的なのがレーザー照射です。真皮のコラーゲンの再生を促し肌のアクネ菌の繁殖を抑える効果もあります。

レーザー照射にはある程度の経験と技術も必要なので、経験豊富な医療機関を選ぶことも大切です。

ダーマローラー

非常に細い針が多数つけられたローラーを顔に転がし、細かな傷をつけることで肌の再生を促すものです。

お肌には自己治癒力があるので、意図的に肌に傷をつけて、自己治癒力を使用して毛穴のでこぼこを目立たなくすることができます。

どんなダーマローラーを使うかは医師がお肌の状態を確認して選びます。

副作用として、翌日に顔が赤らんだり多少はレが生じるといった例があるようですが、これも自己治癒作用の一部ですので、医師の指示に従いケアすることでもとのじょうたいにもどります。

毛穴のでこぼこ、ニキビ痕の治療は基本的に健康保険は使えませんので自由診療扱いとなり、料金はクリニックによってまちまちです。

ただし、症状によっては保険適用となる可能性もあるようですので、詳細は各医療機関にご相談ください。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.